ブランク看護師

夜勤専従パートって大変かな?

看護師の働き方も実はいろんな形態があります。

 

看護師の働き方の1つとして、夜勤専門に働いている看護師がいて、これを夜勤専従看護師、と言います。

 

最近では特に、こういった勤務体系が、とても多く見られるようになってきました。

 

夜勤専従パートに持つイメージはどんな感じでしょうか。

 

夜勤専従パート、と聞くと、夜勤勤務のみということで、かなり仕事内容がハードでキツそうなイメージがありますよね。

 

夜勤で働く看護師の仕事は、基本的に入院患者が寝ている間の勤務なので、当然、日勤の看護師の仕事は異なってきます。

 

また日勤の看護師の数よりもかなり少なくなり2,3人で行うことが多いです。

 

もちろんそれまで日勤の仕事をしていたなら、仕事に慣れるまで、そして、身体が夜勤勤務に慣れるまでには時間がかかるかもしれません。

 

しかし1週間ほどたてば、身体も夜勤勤務に慣れて、救急外来などの仕事内容に比べれば、かなり勤務内容も楽だと思います。

 

日勤で1日5時間ほどパートで働いてみて、それから仕事に慣れてから夜勤専従に移る、という方法になっているのが一般的なようです。

 

日勤の業務をある程度こなせるようになってから、夜勤の業務を開始することになるので、夜勤専従パートが始めての人であっても、心配する必要は全くありません。

 

夜勤専従の勤務が少しでも快適にできるようにと、病院側が看護師にとって働きやすいようにサポートをしてくれるので、安心して仕事に従事出来ます。

 

また夜勤勤務というのは、高額な手当てがつくのが一番の魅力です。

 

意外にも楽な夜勤の勤務内容で、夜勤専従の勤務に慣れてしまえば、最も効率よく高額な収入が期待出来るのです。

 

常に夜勤勤務は需要が多く、自分の生活スタイルに合うようであれば、検討してみてはいかがでしょうか。