ブランク看護師

院内保育園ってどんな感じ?

小さいお子さんを抱えている看護師もたくさんいます。

 

子育てと仕事を両立させている看護師にとって、これから看護師の仕事に復帰しようと考えている子育てナースにとって、院内保育園がある病院はとても便利で、おススメです。

 

病院の敷地内にある施設で、病院で働く看護師の子供を預かってくれるところです

 

しかし、院内保育園があるのは知っているけれど、なんとなく不安がある、というママさん看護師も少なくないようです。

 

院内保育園というのは何も特別なものではなく、一般の保育園と比べて、大きな違いはなく、看護師の子供だけが利用できるというだけです。

 

しかも一般の保育園に比べて、利用人数が少ない分から、子供一人一人に目が行きやすくなります。

 

保育士の人数も、法律上の規定人数が確保されていますから、安心して子供を預ける事ができ、看護師の仕事に専念することが出来ます。

 

 

また一般の保育園に比べて、料金が安いところも大きなポイントですね。。

 

万が一、子供が病気や体調不良のになっても、すぐに迎えに行く事ができますし、自分の出勤の際に、一緒に登園できることも嬉しいですね。

 

これならかなり時間の短縮にもなり、家事などにかける時間が増えますね。

 

院内保育園では、子供への食事や着替えなどの指導も行き届いています。

 

親が知らないウチに子供が成長していくようで、沢山の他の子供たちに囲まれた生活を送ることで、人見知りする事もなくなります。

 

親といるよりも子供同士でいる方が子供も楽しそうで、仲良く、時にはケンカしながら成長していくのですね。

 

院内保育園というのは、ママさん看護師にとってはもちろん、子供にとってもとてもいい環境なのですね。

 

働いている間に、こどもがいつの間にか、大きく逞しく成長してくれるのは、とても嬉しいことだと思います。