ブランク看護師

老人病院で夜勤専従

看護師が働く職場には、病院やクリニックなどの医療機関の他に、老人病院や老人ホームのような介護系の職場もあります。
そのような介護系の職場では、常に看護師が不足している為、需要はとても多いですよね。

 

いろいろな職場で夜勤の仕事をしてきた方は充分にわかっていると思いますが、老人病院のような介護系の職場は、
当たり外れがとても大きいんです。
看護師スタッフが不足している事が大きな理由となっていると思いますね。

 

老人病院では、緊急入院もまずありませんし、急変もあまりありません。
もし急変の患者さんがいたとしても、蘇生を希望している方は少ない為、自然に見送る感じなんです。

 

そのような現場の状況からも、特に夜勤の時には、看護師は一人体制という職場がほとんどです。
日勤に比べると、夜勤は人手が少なくなるので、オムツ交換や体交などの、
介護士の仕事も行わなくてはいけない職場が沢山あります。

 

しかし、看護師には、看護師としての仕事があります。
看護計画や看護記録など、事務的な業務も沢山ありますから、介護士の仕事を手伝っていると、
自分の仕事が出来なくなる事もしばしばあります。

 

老人病院での勤務を希望する場合には、スタッフの人数や職場事情を事前に確認する事が、とても大切です。
老人病院は、一般の病院に比べると給料は安い傾向にありますが、残業がなく、仮眠や休憩が充分に取れる職場であれば、
夜勤専従で働いても疲れる事がありませんね。

 

働きやすい職場であれば、老人病院は、患者さんと深く関わる看護が出来る為、人生勉強をする事もできて、
看護師としての人生経験を積むのにはお勧めの職場です。

 

今後、老人病院などの高齢者施設では、ますます需要が多くなって来る事が予想されています。