ブランク看護師

嘔吐物の処理がどうしても苦手です・・・。イレウス管が入っている方を見るだけでトラウマになっています・・・。

病棟で働いていると、オムツ交換による汚物処理や、褥瘡処置、吐物処理など、汚いと思われる仕事も多くありますよね( ;´Д`)

 

看護師の仕事って、ハードだし、難しい事も沢山あるし、汚い仕事も多いし…。

 

本当に難儀な事の多い仕事ですよねヽ(´o`;

 

とくに、吐物や汚物は、誰しも苦手だと思いますよ。

 

私も仕事の後、肉やカレーが見たくない…って思う時があります(;´Д`A

 

特に、匂いが苦手ですね;^_^A

 

だから、看護師になりたての頃は、仕事が辛いって思うことが沢山ありました。

 

吐物を見たり、匂いを嗅ぐと自分まで吐き気が出てきてしまったり…。

 

吐物や汚物から、目を背けたい、匂いを嗅がないようにしたい…と思っていましたよ。

 

しかし、看護師は吐物や汚物をただ片付ければ良いというわけではありませんよね。
性状や匂いから異常に気づかなければならなりませんね。

 

ただケポッと嘔吐したのか、噴水のように嘔吐したのか。
回数は、一回だけ?何度も繰り返して嘔吐しているのか。

 

吐物の性状は?
食物残渣なのか、胆汁様なのか、血液が混入しているのか、吐血なのか。

 

排泄物の場合もそうですよね。
排便の性状は?
タール便は出ていないか、白っぽくないか。
下血はしていないか。

 

そういったことから、患者さんの体調の異常の早期発見に努めなければなりませんよね。

 

ただ汚いとか、臭いということだけではなく、看護師としてしっかり観察することが大事になりますよね(;´Д`A

 

また、吐物が苦手…といって、嘔吐している患者さんを放っておくわけにはいきません(・_・;

 

嘔吐している患者さんの体調を確認し、苦しんでいる患者さんの苦痛の軽減をはかる必要がありますよね。

 

そういった意味でも、看護師は責任が重く、苦手だからと逃げてばかりはいられない職業ですね^_^