ブランク看護師

パニック障害で苦しむ方へ(#^.^#)

家庭でも仕事でも、ストレスが溜まりやすい現代は、パニック障害になってもおかしくない環境です。
実は、パニック障害で苦しんでいる方は、とても多いんです。

 

私もパニック障害と診断されました。
現在は、発作が起きる事がなく、薬も必要ない状態で、普通に日常生活を送る事ができていますが、発作を繰り返していた頃は、
どのように表現したらいいかわからないくらいに、毎日が辛かったです。

 

何をしていても楽しくない、ご飯も美味しくない、一人で家にいるのも怖く、電車や車に乗るのも怖い、
といった状態が日に日にひどくなっていったんです。
当時、まだ子供が小さかったんですが、そんな状態なので育児どころではなく、死にたいと思うようになってしまいました。
そんな状態でも心療内科にかかるのには抵抗がありました。
でも、あまりにも辛い状態で、思い切って心療内科で診察を受けました。
診断の結果、パニック粗湯外と軽いうつ病という事でした。

 

心療内科のドクターは、ゆっくりと話を聞いてくれました。
30分以上は話をしていたと思います。
診察の時に、ドクターから「辛いのによく頑張ったね、元の自分に戻れるように、私も一緒にがんばりますから」と言われて、
安心したのを良く覚えています。

 

それからは、何種類かの内服で発作もなくなり、効果が実感できました。
楽しいという感情が戻ってきて、テレビなどを観ていて、笑う事ができるようになりました。

 

パニック障害は必ず良くなります。
親身になってくれるドクターやカウンセラー、そして、自分に合う薬と必ず出会う事はできます。
パニック障害は本当に辛いですよね。
私が経験者です、病気と上手に付き合う事が大切ですが、必ず良くなるという事を忘れないでください。